フクパロ(ファッション・パロディ)





.




2019.12.10.9.jpg

ブティック    CYTHÈRE   シテール




2019.12.10.22.jpg


いまは「ためになる」とか「役に立つ」以外のものは
存在しちゃいけないような風潮があるけれど
私はそれがどうにも不快なのです
「中野翠」



2019.12.10.11.jpg


花よりも 華やかに!

ファッションは所詮無用の用にすぎないのか!

溜息つきながら今年も暮れてゆく



2019.12.10.14.jpg


2019.12.10.15.jpg


役立たず 必要な価値観
私が好きな大相撲なんて、偽悪的に言えば
「役に立たないものの集合」みたいなものです。
そもそもなくったって生きていけるじゃないですか
土俵入りも髪形も、裸にまわし姿のスタイルも、
スポーツとして合理的な理由はありません
意味のない頑固さみたいなものが、
今時に合わないからすきなんです
…役立たずなものが実はなくてはならないものだと
「能町みね子」



2019.12.10.21.jpg


2019.12.10.17.jpg





2019.12.10.18.jpg

2019.12.10.19.jpg











下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり


ホームページのTOPに












.

フクパロ(ファッション・パロディ)



2019.11.09.1.jpg


ブティック    CYTHÈRE   シテール




2019.11.09.2a.jpg



2019.11.09.10.jpg



2019.11.09.11.jpg










2019.11.09.6.jpg


2019.11.09.7.jpg


2019.11.09.9.jpg


2019.10.10.朝日新聞
ドリス・ヴァン・ノッテン
「ファッションが工業製品になり下がったいまこそ、
プロがつくる正真正銘の美の創造物を送り出す時だと思った」




2019.11.09.4.jpg


2019.11.09.8.jpg



また別の日の朝日新聞にこんな記事が載っていました


着やせ効果、やはり白より黒い服 大阪大チームが検証

2019.11.01..jpg

結果、黒い服と白い服を比べると黒い服の方がバスト、ウエスト、ヒップとも1・8センチ細く見えるという結果が出た。また、シャツの裾を入れた場合と出したままの場合の比較では、入れた方がそれぞれ1・3センチ細く見えた。研究チームは「『黒色、裾入れ』だと、『白色、裾出し』よりも各3・1センチ細く見えた」としている。


こんな当たり前のことあらためて言われても、ねぇ今更…!

「ファッションが工業製品になり下がった」

だから肥えて見えるとか痩せて見えるとか

ファッションの本質とは関係ないことに気がゆくのでしょうね…!








2019.11.09.3a.jpg

このダウンも肥えて見えますよね
それがどうした
白って素敵ですけどね






下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに
























.
























フクパロ(ファッション・パロディ)

.

2019.10.01.11.jpg


ブティック    CYTHÈRE   シテール



2019.10.01.12.jpg



2019.10.01.6.jpg


2019.10.01.14.jpg


2019.10.01.15.jpg


2019.10.01.4.jpg



私にお似合いのフクはどこにあるの?
君にお似合いのフクはそれです
君にお似合いのフクはあれです
君にお似合いのフクはまちがいなくなくこれです

あなたはまだわからないのですか
あなたはまだファッションを理解していない

ファッションはある朝突然に
おどり出てくるものじゃない

現代ではパソコンや売れ筋データを
駆使して創りだされるのです

でもなんだかそのフクは
私をふるいたたせない

飛びついたらただのコピーだったりして
パクリだったりして……そんな心配が





2019.10.01.17.jpg




2019.10.01.19.jpg



2019.10.01.2.jpg





2019.10.01.20.jpg





2019.10.01.13.jpg







2019.10.01.7.jpg



下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに



157016948565897508394-thumbnail2[1].jpg































.

フクパロ(ファッション・パロディ)





2019.09.01.1a.jpg

ブティック    CYTHÈRE   シテール




2019.09.01.2a.jpg






2019.09.01.3a.jpg


2019.09.01.4a.jpg


Assembled in China

この言葉をご存知でした

先日の新聞記事で初めて知知りました

内容は「腕時計を中国の工場で組み立てながら 日本製と表示して
大手家電量販店や大手通販サイトなどで販売している。」
というものでした




2019.09.01.5a.jpg


2019.09.01.6a.jpg

アパレル業界も一昔前、made in China のネームを切断する業者が沢山ありました
当時はまだユニクロがブレークする以前で
made in China イコール安物・粗悪品といったイメージがあった時代でしたね
今やアパレル業界でmade in China は当たり前
中国製を日本製に偽装する必要性など全くなくなりました。

しかし、未だに 「made in ~」偽装が
アパレル以外の業界でははびこっているのですね


2019.09.01.7a.jpg

2019.09.01.8a.jpg


以前、アジアを旅する友人がタイのホテルにあったテレビに
「made in TOKYO]の表示があったと言っていました
これなどご愛敬ですかね




2019.09.01.9a.jpg

2019.09.01.10a.jpg

2019.09.01.11a.jpg






下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに
.


2019.09.01.15a.jpg




















.


























.

フクパロ(ファッション・パロディ)



2019.08.02.jpg



ブティック    CYTHÈRE   シテール




2019.08.01.02.jpg




2019.08.01.2.jpg

2019.0801.3.jpg




ファッションが多すぎる
というより
ファッションらしきものが多すぎる
というより
ファッションと言えるものが無い

この業界
この不毛


2019.08.01.7.jpg


2019.08.01.6.jpg



売れ残り
切ないひびき
売れ残り
 もうすぐ秋
売れ残らないための
切ない努力
売れ残りにこそ
魅力が薫るのに
売れ残り
 結果ではなく
売れ残り
媚びることなく
売れ残り


2019.08.01.8.jpg

2019.08.01.4.jpg






2019.08.01.9.jpg



下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに







2019.08.01.jpg




























.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.







画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール




画像



いいファッションには、人の心を解き放ってくれる力があります

いいファッションはまた生きとし生きるものへの

愛おしみの感情をやさしく誘いだしてもくれます

どこの国でもファッションはその国の華なのです


画像



ファッションは今どこに行こうとしているのか


画像



画像




私は長い間フクを眺め、売ってきました

そんな歳月の中で、心の底深くに沈み、馥郁とした香気を保ち

私を幾重にも豊かにしつづけてくれたファッションよ出てこい!

と思う今日この頃です


画像



画像




画像





結局のところファッションの目的は

「美しく豊かに生きる」

という人々の夢をかなえることにある

ただ、人の望む「美しい」「豊か」

と感じる語彙とその背景が時代によって大きく変化し

時に変節してきた



画像



画像





ファッションは時代の風をはらんで進化する

変わらないものや過去の焼き直しを

そのままに表すことはひとつのスタイルとして流行したとしても

それはファッションではない!



画像




チープな洋服のなかには芸術の豊穣さは生まれないし

革新性をもちえない洋服に未来を開く力はない

確かに今は難しい時代、一般家庭の収入は上がらない

物価は上がり、消費税率も上がる

しかし、そろそろ胸がときめくような新しいモダニズムの

登場が待ちどうしくてならない




画像






画像














下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに















































.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.




画像



ブティック    CYTHÈRE   シテール








画像


ムラサキツユクサの花言葉は「ひとときの幸せ」




と、もうひとつ

 「尊敬しています」 「尊敬していますが恋愛ではない」

言い換えると

想いを寄せる女性に「貴方は良い人ね、ただそれだけよ」

と、いう意味




画像






「壊れるかもしれない」

「壊れそうだ」

というのを、壊さないように大事に存在させたい

森英恵




このファッションデザイナーはガラス細工が好きで
「壊れてしまえばおしまい」
という儚さに惹かれるのだという
服飾のデザインも「今の瞬間をとらえ、
それを切り取って形に表わす」
儚さを愛おしむこととしてある




画像







いま、売れるもの、お金になるもの、たくさん売れるもの、
が良いもの、という風潮が強まっており
その一方で、売れないものへの
無慈悲な排除が同時に進行している



画像




ヨーフクの世界は勿論、飲食、身のまわり品にいたるまで!
長引く庶民不況のせいでしょうね

売れないゆえ、メーカーの良いもの創りも大変!

良いものは良いものとして、

生き残れる世の中であって欲しい!



画像






ヨーフクもこんな売り方出来たら面白いでしょうね

「このワンピースに使用している素材の綿には

レモン10個分、食物繊維はレタス12個分が含まれています

着る美容にはとても効果があります。

限定50枚の商品です。

はい、今から30分間、オペレーターを増員してお電話お待ちしています。」








画像












下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに

フクパロ(ファッション・パロディ)

.





画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール



画像


航空便ですずらんをもらったことがあったっけ♪

夢に見たんだ北海道(^^♪



画像



昔を振り返ると、僕たちの少年時代
街のショーウインドーは老若の女性達が
よく立ち止まって見ていたものだ
少女から大人の女性まで、
熱い眼差しで眺めていたものだ
あれから何年経っただろう
ファッションはもはや女性たちの憧れでは無くなった
彼女たちの熱い視線は何処へ行ってしまったのだろうか…




画像




画像




画像





画像




画像




今、ファッションが売れなくなっているという
世の女性誰もが必要としなくなったのだ
だから当然ファッションと呼ばれるフクが売れない

この社会現象について人に質問をすると
誰もが井口同音に女性の愉しみごとの多様化という

ファッションの他に愉しむことがいっぱい増えたからだという
確かにその通りで、スマホ、カラオケ、インターネット、
TVの、バラエティー番組・食べ物特集
ここにはかって全く存在しなかったお愉しみが増えたわけで
これじゃファッションにそんなにかかわり煩ってばかりはいられないと
いったこともよくわかる。
だからファッションが売れなくなったというのもよくわかる。









画像



画像



だが待てよ、ファッションが売れなくなっていくことを
このまま時代の流れだと認めてしまっていいのだろうか?
いま、フク作りの姿勢は
「お手軽に、安直に、簡単に着れて楽なものなら買ってもいいが
じゃ、無ければ嫌だ、要らない。」という女性対象のものづくり。
想像力がいる、装う工夫がいる、着こなしを考えなければならないフクは
すべて御免蒙る、といった世の中になってしまった

人間の日常生活の中から想像力と思考力を奪い取りつつあるのでは!




画像











下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに







画像

























.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.




画像



ブティック    CYTHÈRE   シテール






画像



春のここちよさ

芝桜

花びらは5枚でつながっています






画像



画像



画像




いつもファッションに気をつけているのに、
あの人はすごくいい趣味だと、いい、
別な人は嫌な趣味だと言わないまでも
不快に思うということはよくあることだ。


画像




そのファッションのおかげで
ますますそのひとを好きになったり
逆に敬遠されてゆく場合もある

ファッションのせいだと思うでしょう




画像



画像




じゃ、このあいだ憧れの彼がM子に向かって
「そのファッション素敵だね」
「すごく清潔感があっていい」
と言っていたのと同じファッションをしてみようじゃないの



画像



M子と同じファッションをして彼の周りをうろついた結果
あからさまに顔をしかめたのは、どういうこと!
M子と同じファッションを、
わたしがするとダメだって、!


画像



画像



そろそろファッションの不思議さがわかってきましたか
その彼は、ファッションそのものじゃなくて
M子その人が好きなのです。

ということはシャネルを着ようとアルマーニを着ようと
それも本来あまり関係ないということ
やはり、それを着こなしているかどうか、





画像









下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに

フクパロ(ファッション・パロディ)

.






画像



ブティック    CYTHÈRE   シテール






画像


今月の色紙は 沈丁花です
また、春が巡ってきましたね




装う倖せとは、ショー・ウインドウのなかのフクのように

あなたが選び、

お金を払い

持って帰ることのできるものではない


画像





ショー・ウインドウのなかのフクは、よく品定めすれば

ショー・ウインドウのなかにあるときも

家に持って帰ってからも

青色のものは青であり

赤色のものは赤であろう



画像




ところが、装う倖せは

あなたがそれをしっかり手につかんだ時でなければ

倖せではない




画像





要するに

装う倖せに関しては推論することも予見することも出来ないのである

いま、現に持っていなければならないのだ



画像





装う倖せが

新しいファッションのなかにあるように思われるとき

それは、あなたが

すでに装う倖せを持っていることなのだ






画像




画像




画像



店内もすこ~し春






























下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに








































.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.








ブティック    CYTHÈRE   シテール



画像










画像



画像






画像







いまは「ためになる」とか「役に立つ」以外のものは
存在しちゃいけないような風潮が
あるけれど、私はそれがどうにも不快なのです
中野翠「この世は落語」



画像




ファッション界も今やそんな世界
とにかく、機能性・プライス追及
世の流れとしても、かたむき過ぎ
もう少しバランスがあっても良い


季節の変わりを告げるウインドウ
素材の新鮮さ・着心地の柔らかさ
デザインの美しさ・あたらしさ!
ニューファッションという装い!


画像



画像




所詮は何かの役に立つものでもない
すべて、人それぞれの心の中のこと
送り手もバブルで、もてはやされ!
いいものより、売れるものばかり!

あぁ、ことしも又季節が変わるのに




画像





世の中に絶えたファッション追いかけて

春迎える心 なぜかメランコリー




画像







下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



























































.


ホームページのTOPに

フクパロ(ファッション・パロディ)

.





画像



ブティック    CYTHÈRE   シテール







謹 賀 新 年





画像






画像







画像



画像



画像






画像






画像



画像



画像







画像




画像




画像






下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに


画像

































下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに



































フクパロ(ファッション・パロディ)

.






画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール







画像






私事ですが、行きつけのブティック2店が閉店し、
日常の何かが失われたという気がしています。
ファッション好きのみなさんから
「ブティック愛」に満ちたご意見を多数頂きました。

一方で、クリックするだけでフクが届くネット通販の成長を
「時代の流れで仕方ない」と冷静に受け止める声も。
ファッションの秋みなさんはどうお考えでしょうか。


画像






ブティックが減って寂しいですか?
「はい」77%    「いいえ」23%

「はい」の人が答えました

その理由は?(複数回答、7人まで)
じっくりフクを選べる機会が減る…………………938人
知らなかったフクとの出会いが減る………………852
ブティックの持つ雰囲気を味わえない……………742
フクはいつもブティックで買うから…………………548
ブティックでしか得られない情報がある…………441
日本のファッション文化の衰退が気になる………364
ネットでの購入は嫌い……………………………110



画像





「いいえ」の人が答えました
その理由は?(複数回答、7人まで)
ファストファッションを利用………………………183人
大型スーパーが身近な場所にある………………164
フクはネット通販で買う……………………………150
「時代の流れ」と受け止めている……………………92
最初は寂しかったが、慣れた………………………49
ブティックでフクを買うのが面倒……………………38
古着を買っている……………………………………23


画像



ファッションもまたくりかえしくりかえし

くりかえされてゆくことだろう

ファッションだけが人生だ

というつもりはないが

ファッションだけはおさらばしたくない




何かを失い始めると、急スピードですべてを失ってゆくのね
<ジェーン・パーキン>



画像



下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに




画像
























.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.







画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール






画像




There is no pleasure in the work
「仕事に喜びはありえません」

このブランドを主宰するデザイナーはいかなるレッテル貼りも拒んできた。
一つ成功してもこれを模倣せず、特定のスタイルに固まらない
そんな表現という仕事に妥協や達成感はあり得ない。

川久保玲《コムデギャルソン》
<2018.10.26.折々の言葉より>


さすが、第一人者の言葉です。

が、こんな苦しみの中から生み出したデザインを
コピーして商売にするのがアパレル業界の常識ですね。
コピーのコピーの そのまたコピー
売れているフクのコピー、そのまたコピー
コピー・コピーの大量生産、販売
安く、安く、より安く、もっと安く

元はどんなファッションだったの!


画像



画像





ファッションを説いたあとの心の渇きを

銀杏(いちょう)の黄葉(もみじ)で癒しながら


通りの向こうに話しかけるわ

廃れた流行りの面影消えて

流れる季節(とき)さえセピアの色だと

私は軽い目眩を感じ

飾りつけたマネキン眺めて見るの

あぁイミテーション・ニューファッション

あぁイミテーション・ニューファッション

違うと思う今年のフクよ

色が同じ、生地が同じ、値段も同じ、

ごめんね、

去年のフクにまだ縛られてる






画像



画像






画像







画像






下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに





画像


今月、お客様から頂いた色紙は柿の絵でした

もう、すっかり秋ですね


かれえだにからすのとまりけりあきのくれ



今年も残り2月、まったく早いものですね






























.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.




画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール





画像





画像



画像







画像





今のファッションは、

商売にすることで表現がこぢんまりとして

作り方も弱体化している。

次に進むには、

ものづくりの全ての原点に戻るべきだ



キーワードは「野生と縄文」

画像



まずは、自然の中で、ドングリでも拾ってこよう。

三宅一生が衣服という概念から離れ、

野生の感覚を取り戻すことで

生まれるものを形にすることに挑んでいる。

公園でのドングリ拾いから始まったその作品群は、

驚くほど力強い精気にみちている

【9/20朝日新聞の記事より】





かつて、イッセイミヤケのクラッシュプリーツが発表されたとき

このフクは果たしてファッションになり得るのだろうか

と、凡人には要らぬ心配をしたことが懐かしく思い出されます。


画像



画像



画像



「ファッションとは無用の用なり・アートなり」を呼び覚まされる記事でした




画像








下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに

















































.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.




画像




ブティック    CYTHÈRE   シテール






画像






画像




待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな

あまりにも有名な竹久夢二の歌詞ですが

「待宵草」が正式な名前とか



画像










画像



      流行りの色の移ろいは

      季節のごとく速やかに

      流行りの過行く儚さは

     刹那の時ゆえ美しき







画像




画像



    目の前にあるこのフクは

     恋い焦がれし白いフク

     かすむ涙にいささかの

    未練は残れど悔いはなし



画像



画像






画像







画像








下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに






画像



通勤の道に台風が残したつめ跡


画像
























.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.


画像





ブティック    CYTHÈRE   シテール







画像



画像



画像





ファッションが不毛の時代に

ファッションからこぼれ落ちたもの、は何

ファッションからあふれでたもの、は何

ファッションを頑なに拒んだもの、は何

ファッションが触れることができなかったもの、は何


画像



画像



画像





「ファッションのあった時代にもどりたい」

などと平気で口にできるひとは信じない

今思えばみっともなかったファッションを

忘れてしまえる能力のある人とは酒を呑めない

それがファッション、

今年も、またみっともない夏が終わる



画像



画像




画像







画像









下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに

フクパロ(ファッション・パロディ)

.







画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール





画像





ファッションはセンスだ、と思っている人がとても多い。
そういう人は決まって
「私ってセンスがないんですよね」と言う。
センスとはなにか。

漠然とした感覚的なもの。言葉にならないもの。
生まれつき持っている人は持っていて、
持っていない人はこの先も持ちえないもの……。
本当にそうだろうか一。


画像




高校二年の時、クラスに一人、群を抜いておしゃれな生徒がいた。
彼女は絵がとてもうまかった。美大を受験するために美術の塾に通っていた。
私は密かに彼女に憧れていたのである。
「いいなあ、彼女は」と私はいつも思うのだった。
絵がうまいのは生まれながらにセンスがいいからだ、
だから服もあんなに恰好よく着こなせるのね、



画像



画像




ある時、彼女の葡萄色のネッカチーフを貸してもらったことがある。
その色は私も好きな色。私にだってきっと似合うわ。
そして、鏡に向かった。
 しかし、鏡に映った自分の顔に思いがけない違和感が走った。
それの主人は私ではなかったのだ。




画像



画像







彼女の服の色遣いは、いつも独特の美しさをもっていた。
彼女は厳密に色を判断する力もあったのだろう
普通の人がおおざっぱに「赤」と感じるところを、
彼女は黄みがかった赤、とか、しろの混ざったピンクに近い赤、
などと分析して観察することができたのだと思う。




画像



画像







センスとはつまりは見ること。考えることなのだ。

ほんのちょっと視点を変えさえすれば、
見えなかった色、見えなかった形とかたちのバランスが見えて来る。
その時、いいセンスへの芽が芽生える。

それを楽しめる人にだけ、センスは美しく微笑み返すのである。

【先月に引き続き光野桃著より抜粋】

画像









下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり






ホームページのTOPに








今月頂いた色紙の花は露草でした

画像



朝に咲き夕べに枯れる露草の消える定めの恋をするかも




花の名の由来は早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまうことが
朝露を連想させることから「露草」と名付けられたそうです。

























.

ファッション・パロディ

.





画像


ブティック    CYTHÈRE   シテール






画像





画像






ぼろは着てても心は錦――


画像


画像





ファッションなんてチャラチャラ着飾るためだけのもの

外見を取り繕うことにうつつを抜かすなんて知的じゃない

人間大切なのは中身だ――
日本では「ファッション軽薄説」はなかなか消えることがないのである



画像



画像



画像





バブルの頃、
日本人はかってのストイックな国民性を捨て去ったかのようにモノに狂奔した。

世界中のブランドが洪水のように押し寄せ、
「ぼろは着てても……」から
「とりあえず中身はどうでも錦をきていなきゃヒトじゃない」
といった気分が蔓延した



画像


画像


画像


画像






 そしてバブルが去り、ふと熱狂から覚めた時、
私たちはそれまでの「錦を欲しがった」自分を責めた。

ああやっぱり外見にこだわり、
外見を飾ることに熱中した私は馬鹿だった
なんて無駄遣いをしてしまったのだろう、と。

そしてまた以前の「ぼろは着てても……」にすっかり戻ってしまったのである。




画像


画像



画像







イタリア人は、人を外見で判断するとよく言われる。

彼らの考え方はこうだ
「心が錦」なのは確かに素晴らしい。

それならば「心が錦」に合わせて外見も錦にした方がいいのではないか

「心が錦なら着るものも錦であるべき」

もちろん錦というのは華美で贅沢なものというのではない。

その人に合ったいい感じの装いというものである
………
ファッションの話をするとき

イタリア人はみな楽しそうな表情をした


以上………「私のスタイルを探して」光野桃著より抜粋


画像



あぁ、いつからファッションが楽しくなくなったのでしょうね





画像







画像










下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに








































.

フクパロ(ファッション・パロディ)

.





画像



ブティック    CYTHÈRE   シテール







画像




「一流国とは経済大国であるだけでなく

文化でも一流であるという条件をそなえねば備えねばならぬ」

そう、フクばかりでなく身の回りすべて



画像





文化というのは、「無駄なもの」「無意味なもの」に価値をみつけること。

たとえば小説などはなくても人間、飯は食える。

古典芸能がなくても社会生活になんら不便はない。

だが、この無駄なもの

無意味なものの中に意味を見出すのが文化なのだ。


これは文明とは違う。

機能を認めるのが文明で

ちかごろはだから、文明人ばかりで文化人が出てこなくなった。





画像



画像






画像




目先に役に立つことを追いかけるのは文明であって文化ではない。

さしあたって役にもたたぬことの集積が人生をつくるが、

すぐに役に立つことは生活しかつくらない。

生活があって人生のない一生ほどわびしいものはない。

以上(遠藤周作)






画像



画像



画像




画像






画像





で、この頃感じること

「文明フク」ばかりで

「文化フク」がどんどん駆逐されてゆく


たとえば、古来、日本には振り袖の少女が来客を迎える時

盆を傍らにおき座って障子を開けお茶を差し出したものです

この例をとっても、振り袖は邪魔なものだし、

障子の前で座るということも面倒な動作ですね

でも、その一連の動きに美しさを感じることが文化だと思うのです


本当に、文化とは「厄介な代物」です。





画像










下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり



ホームページのTOPに