.







画像






ブティック    CYTHÈRE   シテール







画像


画像


画像







画像



今、大阪市役所はイレズミ問題で揺れています。
ことの是非は置くとして
同じものでもコトバによって随分受けるイメージが変わってくるものです。
『 入墨 』(いれずみ)といえばその筋のひと
『 刺青 』(しせい)といえば勿論文学的な響き
『 tattoo 』(タトゥ)といえばなんとなくファッショナブルな感覚がします
コトバを変えることによって同じものでも
カッコよく新鮮なイメージで売り出そうとすることが
ファッション業界の常套手段です。
例えば
ジャンパーがブルゾン、メリヤスがカットソウ
トレーナー→ジャージー→スウェット
ズボン→スラックス→パンタロン→パンツ
短めのパンツ一つとっても
七分丈パンツ→カットパンツ→クロプトパンツ
………長くなりそうなので
「今日はこの位にしておきますが、‥‥」
このコトバの変化も含めてファッションであることを忘れないで下さい



画像










画像


画像







画像


画像


画像




悲しい時に着るフクが
わたしは今ほしいいの

別れの時に着るフクが
わたしは今ほしいいの

長い手紙を書く時に着るフクが
わたしは今ほしいいの

今日までのこと謝りたい時に着るフクが
わたしは今ほしいいの

旅立つ人の後姿が泪にかすんで見える







画像







下町に店を構えて さまざまの事を 見聞くぞ不思議なる
ブティックおやじの口ずさみ 十分の一をもらすなり

















.


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック